HOME  覚王寺  施設  納骨堂  法要・行事  寺報  ブログ  アクセス
 覚王寺は、札幌市北区にある浄土真宗本願寺派(お西)のお寺です。
明治29年に「浄土真宗本願寺派新琴似説教所」として開教、明治38年に「覚王寺」と寺号公称認可、平成7年に開教100年を迎え、現在に至っています。
 「さあ 歩もうよ あなたと共に 心安らか お念仏の道」
をスローガンとし、覚王寺が門徒や地域の方々にとって心のよりどころとなるよう活動を続けています。

住職 内平義和

開基住職 内平可敬

開基住職任命状

昭和7年完成の本堂
明治25年 内平可敬、熊本県より来道。
明治29年 浄土真宗本願寺派新琴似説教所を開設する。
明治38年 浄土真宗本願寺派「覚王寺」として寺号公称が 認可され、内平可敬、開基住職を拝命する。
昭和初期 鐘楼堂の建立。
昭和 7年 本堂・庫裡落成慶讃法要を厳修。
昭和17年 門柱建立。 太平洋戦争のため梵鐘を供出。
昭和18年 内平義雄、第二世住職の拝命。
昭和23年 梵鐘の再鋳。
開教50年記念慶讃法要厳修。
昭和37年 親鸞聖人700回大遠忌法要厳修。
昭和46年 納骨堂落成慶讃法要厳修。
昭和48年 親鸞聖人ご誕生800年・立教開宗750年記念並びに庫裡落成慶讃法要厳修。
昭和52年 内平義敬、第三世住職の拝命。
昭和54年 鐘楼堂移設、境内地整備工事。
昭和55年 寺号公称75周年記念並第三世住職継職慶讃法要。
昭和57年 納骨堂の増改築工事。
平成 3年 旧本堂最後の報恩講。
平成 4年 開教100年記念事業として本堂等諸施設の新築工事。
平成 7年 開教100年記念並本堂等諸施設落成慶讃法要厳修。
平成14年 内平義和、第4世住職拝命。
平成15年 第4世住職継職慶讃法要。
平成21年 本堂天井彩色工事。
平成23年 第2納骨堂新築工事。